大学院進学クラス

コースの特徴

  • 大学院選定に必要な情報の提供
  • 魅力的な研究課題設定の指導
  • 効果的な研究計画書作成の指導
  • 口頭試問対策
  • 過去入試問題を使用した反復練習
  • N2合格者への大学院進学対策(N1対策を含む)

学習時間

  • 7月~3月  ※9か月コース
  • 週5日   9:10~12:30 または 13:10~16:30

資格

  • 大学を卒業し、学士の資格をもっていること。
  • 研究領域がはっきりしていること。
  • N2以上の合格者

学費

申請料 入学金 学費 < 9か月 > 納入金合計
¥20,000 ¥70,000 ¥465,000 ¥555,000
(日本円;8%消費税込)
※学習期間を延長することができますが、その場合は別途料金がかかります。

受験する大学院の決定

自分の専攻に合う大学院の情報を集めます。
入試指導経験の豊富な本校講師と相談しながら、大学院入試の大きなポイントとなる「魅力的な研究課題」を設定し、みなさんの希望に合う大学院をさがします。

大学院入試対策

大学院の入試には、下の3点が非常に重要です。
  1. 効果的な研究計画書を作成する。
  2. 入試の口頭試問を想定した練習を繰り返す。
  3. 実際の入試過去問を使った記述式例題の反復練習。
大学院の入学試験には、高度な日本語の「入試技術」と豊富な「情報」が必要不可欠ですが、これを海外にいる個人が入手するのは困難です。また、ほとんどの大学院で、試験は日本国内で、日本語によって行われます。

具体的なスケジュール

夏学期(7月~9月)
  • 説明会やオープンキャンパスで大学院の情報を集める。
  • 大まかな研究領域を決定する。
  • 論文作成や口頭試問に必要な基本的技術を学ぶ。
秋学期(10月~12月)
  • 先行研究論文などで、専門的な文章に慣れる。
  • 研究課題を決定し、受験候補の大学院を訪問する。
  • 入試に必要な、より高度な日本語の技術を学ぶ。(N2合格者はN1合格に向けて日本語の勉強)
冬学期 (1月~3月)
  • 大学院の担当教授を訪問し、研究課題について意見を聞く。
  • 研究計画書を作成する。
  • 多くの入試過去問題を解いて、問題に慣れる。
  • 口頭試問を想定した練習を繰り返し行う。